会津の昔話 はじめて降った雪

今日は 前回の企画が

予想以上に好評だったので

昔話し その2をお贈りしますね

決して…決して…

ネタがないからの苦し紛れでは

ないのですよ(>_<)決して…

今日は『はじめて降った雪』

むか~し昔

会津のあたりの天気は

1年中陽気でぽかぽかしておってな

冬になっても寒さを知らずに

暖かくすごすことが出来てたんだど

暖かい会津.jpg

ある日のことだったんだど

領主様が突然見回りに来ることになった!

『こりゃぁ大変だ!』

『去年、隣村に来たときは

村にちりが落ちていたという理由で

牢屋に入れられたり年貢が倍に

されたりしたでねぇか』

捕まった.jpg

村人たちは総出で掃除をしたんだど

だげんじょも風が吹けばまた元通り…

皆で集まって相談したげんじょ

何にもいい案は浮かばなくて

ほとほと困っていたんだど

そこに旅の坊さんが現れた

その話しを聞いた坊さんは

『こういうことは何とかなるもんじゃよ』

ぼうさんおけ.jpg

と何とも不思議な助言をしたそうな

村人たちはうさんくさいその言葉を

信じることは出来なかったが

かと言って どうすることも出来ずにいた

夜が更けるにつれ不安はどんどん募ってきた

不安から村人のひとりが

『あのうそつき坊主だけは許せない!

ぶっ叩いてやる!』

と、外に飛び出すと

雪が降る.jpg

あたりは雪景色になっておったと

今まで雪など見たこともなかった村人は

この白くて冷たいものがなんだか

分からなかったが

雪は村を真っ白に埋め尽くし

ちりひとつ見つける事が出来なくなったんだど

『お坊さんが言われたことはこのことだったでねぇか』

村人が坊さんにお礼を言いに行ったが

坊さんはもうどこにもおらんかった

それから会津では毎年雪が降るようになったとさ

じゃ また今度ない

つるかんHPへゴーやえちゃん2.jpg

スポンサーリンク
スポンサーリンク