卒業おめでとう~新たな人生を歩む君へ

今日 3月1日は

県内の多くの高校で

卒業式が行われます

1年生の終わり間近に突然襲ってきた

あの地震

あれからの2年間は

環境や生活が大きく変わり

つらく苦しい思いをした子がたくさんいます

そんな中で 前を見つめ

一歩一歩 歩いてきた君達

そして振り返ると 高校三年間の足跡が

君達の後ろにしっかりと残っています

これから 色々な道に羽ばたいていく君達

そんな君達を 私達はこれからも

応援していきます

卒業おめでとうございます

何にもしてあげられないけど

今日は卒業生の皆さんに歌のプレゼント

 とっても優しくて大好きなこの歌詞を

添えてさせていただきます

作詞/作曲 藤巻亮太さん

唄 レミオレメン

 『3月9日』

流れる季節の真ん中で

ふと日の長さを感じます

せわしく過ぎる日々の中に

私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて

桜のつぼみは春へとつづきます

120411つぼみ.JPG溢れ出す光の粒が少しずつ朝を暖めます

大きなあくびをした後に

少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち

気づいたことは1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私も そうでありたい

砂ぼこり運ぶ つむじ風

洗濯物に絡まりますが

昼前の空の白い月は

なんだかきれいで見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど

天を仰げば それさえ小さくて

sora.jpg青い空は凛と澄んで

羊雲は静かに揺れる

花咲くを待つ喜びを

分かち合えるのであれば それは幸せ

この先も 隣で そっと微笑んで

瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私も そうでありたい

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク