ぶらり歴女旅 サイクリング編その2

 今日は前回に引き続き

歴女ひとり旅 サイクリング編その2

をお届けしましょう()

前回は興徳寺に寄り

七日町通りを通って阿弥陀寺まで来ました

ここまでの道のりは、徒歩や

周遊バスでも寄れる道

ここからがサイクリングの

本領発揮です(^-^)/

阿弥陀寺をあとにして

 自転車はさらに進みます

すると目の前には

小さな橋が

120626涙橋2.jpg

 ここは柳橋 通称『涙橋』

幕末戊申会津戦争で

中野竹子さん率いる『娘子軍』が

坂下から若松城(鶴ヶ城)に向かう途中

敵と遭遇し、戦った場所…

130409涙橋上から.jpg

竹子さんに思いをはせながら

自転車は涙橋を渡り右方向へ

走ること4~500メートルくらいかな?

右手に『中野竹子洵節の地』の石碑が

その碑に従い

細い道を入っていくと

130409竹子正面.jpg

 竹子さんの銅像が

竹子さんはこの地で

可憐な華と散ったのでした…

130409竹子アップ.jpg

 彼女の辞世

武士(もののふ)の 猛(たけ)き心に比ぶれば

数には入らぬ わが身ながらも

竹子さんとしばらく時間を共有したあと

自転車はさらに進みます

100~200m先の信号を左に折れ

その道をまっすぐまっすぐ

大通りも越えてまっすぐまっすぐ

周りは田んぼばかりになっても

不安がらずにまっすぐまっすぐ

すると 右に小さな山と大きな木が見えました

130522高瀬の大木.jpg

 ここは神指(こうざし)城祉

戦国時代 大河で有名になった

直江兼続が築城を目指しましたが

完成を見る前に終わってしまった

幻の城です

IMG_2375.jpg

ここには『高瀬の大けやき』と呼ばれる

巨大な古木がありますので

その大きさに驚いてください(#.#)

自転車は進む

神指城から先ほどの農道に戻り

集落側に向かって進み

集落に入る前の細い道を左折

道なりに進んでいき

右側の坂道を少し上ると

130812如来堂への道.jpg

たどり着いたのは狭い空間

130812如来堂入口.jpg

ここは 斎藤一さん率いる

会津新選組が最期に戦った場所

『如来堂』

 会津新選組の聖地です

私のパワースポットです

130812地蔵.jpg

130812新選組提灯.jpg

 ここは夕陽がとっても似合う場所

130628如来堂少し近景.jpg

 斎藤さんを思いながら

今日はここまでにします()

如来堂から先のプランは

まだ考えていませんが

会津若松駅に自転車を返しに

行かなければならないので

次回までに考えておきますね()/ 

つるかんHPへゴーやえちゃん2.jpg

スポンサーリンク
スポンサーリンク