会津戦争スケッチ紀行 籠城開始~小田山の攻防

私的にはすっかりお気に入りの

会津戦争スケッチ紀行

なんと言われようと続けます( ・`ω・´)b

お付き合いくださいね(ノ*´∀`)ノ

本日は第二段!

籠城開始から小田山の攻防です

慶応四年八月二十三日から

鶴ヶ城籠城戦を開始した会津藩

籠城3日目

この日 八月二十五日には城外で

こんな悲劇がありました…

照姫様が下ったとの情報を得て

その護衛をしようと

坂下(ばんげ)まで行った

中野竹子さん率いる娘子軍

しかし、その情報は誤報でした

城内に向かう味方軍と一緒に

若松へ戻る途中

120626涙橋.jpg涙橋にて敵軍と遭遇

娘子軍も薙刀で勇猛果敢に戦いました

その時一発の銃弾が竹子さんに

120626竹子銅像.jpg

美しき会津の女傑

中野竹子さんの壮絶な最期でした…

『もののふの猛き心にくらぶれば

数にも入らぬ我が身ながらも…』

同じ日 娘子軍とともに戦った

神保修理の妻 雪子さんは

湯川の河原で大垣藩に捕らえられ

長命寺に縛られていました
120824長命寺庭.jpg

首をはねられる直前 偶然訪れた

土佐藩士に脇差しを借り

彼女も壮絶な自害をし

夫が待つ場所に旅立ったのでした…

その頃若松の東約1.6kmのところにある

小田山が西軍に抑えられ

砲陣が設置されました

120731西軍砲陣跡.jpg

ここを奪われたのは

会津にとって大失策

敵はここから鶴ヶ城に向けて大砲を

撃ちおろしてくるのでした

しかし そんな中 知恵山川こと

家老 山川大蔵隊が

痛快な入城を果たしたのが

八月二十六日

日光口を守備していた山川隊が

急ぎ引き返して来たときには

鶴ヶ城は敵に包囲されて

蟻の入る隙もありません

そこで一計を案じた山川大蔵

会津に昔から引き継がれている

彼岸獅子を先頭に

笛太鼓の音色とともに

城に向かって行進

これには敵もあっけにとられ

銃を杖にして見送ったということです

かくして山川隊 1500名は

一人の負傷者も出さずに

西出丸より入城を果たしました

20120722西出丸入口.jpg

悲惨な会津戦争の中で

数少ない痛快な出来事でした

翌二十七日には青龍士中一番隊大本隊

による小田山奪回作戦を

決行しますが

敵の猛烈な狙撃により

壊滅に近い敗退

奪還は果たせませんでした…

120731小田山より城下.jpgこうして 小田山から雨のような

砲撃を受ける鶴ヶ城

起死回生を期して 八月二十九日

鬼の官兵衛こと

家老 佐川官兵衛が

城外に打って出るのでした!

続きは次回です( ・`ω・´)b

つるかんHPへゴーやえちゃん2.jpg

スポンサーリンク
スポンサーリンク