いよいよ緊迫!八重の桜

昨日も手に汗握りました!

【八重の桜 第十一話 守護職を討て!】

冒頭から佐久間象山さんの暗殺

象山さんを斬った刺客のひとり

河上彦斎(げんさい)さんは

人斬り彦斎と言われた人物

その彦斎さんにして、象山さんを斬った時

髪の毛が逆立つような『何か』を感じ

それ以降暗殺をやめたと言われています

その頃の会津はまだ平和でしたね

別部隊として京に登ることになった

佐川官兵衛さん

八重さんの弟 三郎君もそれに志願

若干十六歳ながら 彼の

熱い志を感じました

いよいよ佐川官兵衛さんも

存在感を出してきました!

会津が誇る猛将『鬼官兵衛』が

京都に出陣です!!!

照姫様の心遣いにもホロリ(ToT)

容保公のご容態

ほんとに心配ですね‥(´ω)

そしてそして

尚之助さんと八重さんの

ほんわかしたロマンスヽ(*´∀`*)ノ

八重さんが『プン!』てお針に行った姿

可愛かったです(●^o^●)

そして、京都では‥

都にほど近くまで

兵を進めた長州

『朝敵会津を討て!』

『敵は奸賊 松平容保!』

会津憎しの思いが込み上げています

そんな中で

覚馬さん・平馬さん・大蔵さんの

三人が敵の陣中に入ったのには

びっくり!!!

おいおい!ここで三人が捕まって

斬られちゃったら

会津は終わっちゃうよー ヾ(゚□゚;)ノ

ここでそんな事にならないのは

分かっていても

ハラハラしちゃったじゃないですかー(>_<)

三人とも、お願いですから

無茶な行動しないでくださいね (。•ˇ‸ˇ•。)

そして‥孝明天皇から下された勅

『長州の軍勢、速やかに掃討せよ』

舞台はいよいよ禁門の変

そして 長州征伐、戊辰戦争へと

移っていきます

新選組も再登場ですね!

鶴ヶ城が 戦いの舞台になる日の

カウントダウンが始まります

それすなわち

八重さんがジャンヌダルクに変わるまでの

カウントダウンです

ますます目が離せません!

来週もドキドキしながら見ます!!!

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク