春を告げる獅子の舞い~会津彼岸獅子

もうすぐ春のお彼岸です

お彼岸といえば‥会津の伝統の行事

『会津彼岸獅子』

八重の桜でも 第五話で登場しましたね

『小松獅子』と『天寧獅子』

昔はいくつもの村に獅子団が存在し

彼岸が来ると一斉に家々を舞い歩き

会津盆地に春を告げていたそうです

戊辰戦争や太平洋戦争を乗り越えた

その歴史は決して平坦なものではなく

今ではその数も激減してしまいましたが

それでも今なお伝統を継承し

活動する獅子団がいくつかあります

天寧獅子団、小松獅子団も

その中のひとつです

春分の日にこの二つの獅子団が

以下の場所で

春を告げる舞いを披露してくれます

【春分の日 3月20日】

☆ 天寧獅子団 ☆

10:30 鶴ヶ城本丸

12:00 七日町 阿弥陀寺

☆ 小松獅子団 ☆

13:00 コープ本町駐車場

13:40 市役所本庁舎前

14:20 神明通り リオンドール前

15:00 大町通り 会津信用金庫駅前支店駐車場

お近くの方々は ぜひ春を告げる

彼岸獅子を見てくださいね♪

  

小松獅子団は『八重の桜』 にも

今後、再登場しますよ

鶴ヶ城が西軍に囲まれた

慶応四年八月二十六日

田島の警備から急ぎ戻ってきた

家老 山川大蔵さん率いる会津軍

何とか鶴ヶ城に入城したい‥

山川大蔵さんがとった作戦は‥

小松獅子団の演奏と舞いを先頭に行進!

あっけにとられる西軍を横目に

見事千五百の会津藩兵の

無血入城を果たしたのでした

懐かしい昨年8月26日の

『幕末へタイムスリップシリーズ』ブログをどうぞ

\(^o^)/

http://tsurukan.com/diary/2012/08/post-424.html

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク