幕末へタイムスリップ144年前の9/15 総攻撃二日目 ある少年の死~泣くな武士は仕方ないじゃないか

幕末戊辰 会津戦争へのタイムスリップ

144年前の今日 慶応四年九月十五日

前日から行われている西軍の総攻撃は

この日も容赦なく続けられました

雨の様な砲弾の嵐が鶴ヶ城に打ち込まれています

この猛烈な砲撃により城内では

たくさんの命が消えました

しかし 会津も まだまだ対抗!徹底抗戦を続けます

  

鶴ヶ城城南部で転戦していた

会津藩家老 一瀬要人(いちのせかなめ)

の軍は西軍と遭遇し 戦闘になりました

本郷村から萱野権平衛軍らも援軍に駆けつけ

会津軍は西軍を退けることに成功しました

しかし、この日の戦いで 会津軍は一瀬要人など

多くの指揮官を失ってしまいました


120901一瀬要人墓.JPG

一ノ堰 光明寺 一瀬要人の墓

会津戦争では越後口総督となり

桑名藩や長岡藩の河井継之助らと共闘し

北越戦線を転戦した方です

この日の戦いで重傷を負った彼は療養中の二十二日

開城を知らせる容保公からの親書を受け取った

後 静かに息を引き取りました

そんな中 桃沢彦次郎と米沢藩士針生虎之助は

高田の佐川官兵衛に降伏を進言しました

鬼カンこれに激怒して一蹴!

『降伏開城などありえん!帰れ帰れ!!』

まだまだ徹底抗戦以外ありえない城外戦です

その頃 城内ではこんな出来事も

★泣くな武士は仕方ない

総攻撃中、ある少年が、明け方の霧に乗じて

食糧の調達に 城南に出て

かぼちゃをたくさん集めまして

そして 帰城の途中 二の丸南門の近くで

小田山からの砲弾に被弾しました

右大腿骨を粉砕され 人に担がれてきましたが

腰が立たないので 私は大きな石に寄りかからせ

草履をとり、袴を脱がせて手当てをしてあげました

その少年は 少しも泣かず また

『痛い』とも言いません

その時、やぐらからその光景を発見した従僕が

驚いて駆け寄ってきました

そして、少年のこの惨状を見て

大声を出して泣き出してしまいました

少年はこの時 十五歳でしたが

泣き続ける従僕に向かい

『見苦しい!泣くな!武士は仕方ないじゃないか!』

と 威厳のある元気な言葉で叱りました

この 勇敢な少年は 出血多量で ついに

亡くなってしまいました

この少年の最後まで威厳を持った

武士としての振る舞いには 私も感服しました

‥以上 八重さん回顧録からの引用でした‥

会津藩には『什(じゅう)の掟』というものがありました

六才から九才の藩士の子供が

地区ごとに『什』という集まりを作り

仲間の家に集まってはこの言葉を繰り返し

その日の自分のふるまいを反省していました

一、年長者の言う事に背いてはなりませぬ

一、年長者にはおじぎをしなければなりませぬ

そして、最後にこの言葉で〆られます

『ならぬことはならぬものです』

今の時代にはそぐわない内容もありますが

当時の会津の子供達は

理屈ではなく、会津武士の子として

自らを律していたのでした

この什の掟のひとつにこのような言葉があります

『一、卑怯なふるまいをしてはなりませぬ』

この時亡くなった少年は『痛い』と泣き叫ぶ事を

『卑怯なふるまい』と思い、じっと我慢していたのでしょうか‥

いずれにしろこの少年にも『覚悟』があったのだと思います

籠城に耐えている全ての人々が

『覚悟』を持っていたのだと思います

雨アラレの様に降る砲弾に誰も恐れずひるむことなく

『覚悟』を持って向かいあっていたと思います

総攻撃は明日も続きます‥

この日 米沢に続き 仙台藩も降伏しました‥

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク