幕末へタイムスリップ144年前の8/22~白虎隊出陣~

前日 母成峠を破られ

西軍は勢いそのまま 会津に進軍を進めています

そして 144年前の今日 慶応四年八月二十二日は

各地の状況がめまぐるしく動いた日でした

★白虎隊に登城命令が出され、少年達は、意気揚々と鶴ヶ城に登城しました

120808本丸.JPGこの少年達の中には、家が隣だった八重さんから、鉄砲の手ほどきを受けた

士中二番隊 伊東悌次郎少年(十五才)もいました。

★日光口を守備していた山川大蔵隊は、田島を退陣し、若松に向かい出発しました

120803田島陣屋跡.JPG

他にも各地で藩境を守っていた隊が続々と若松へ帰城するために出発しました

★猪苗代城主は、とうてい西軍を防ぎきれないと考え

城と士津神社に火をかけて退却しました 
120525士津本殿.JPG↑士津神社  ↓会津藩祖 保科正之公 墓

120525正之公墓1.JPG

そして

★猪苗代湖から流下する日橋川に架けられた『十六橋』を落とし

西軍の行軍を止めようとした会津軍でしたが

あまりにも頑丈なこの橋を落とすことが出来ず、

この橋を西軍に占領されてしまいました

東軍側(左)西軍側(右)から見た十六橋

今は五代目だそうです(戊辰戦争時は二代目だったそうです)

120719十六橋西軍側.JPG
120719十六橋東軍側.JPG

その頃 会津藩主『松平容保公』は

鶴ヶ城を出陣 滝沢本陣に向かいました

藩主出陣の先乗りに『家老 佐川官兵衛』

護衛に『白虎隊 士中一番隊、士中二番隊』が付きました

そして 容保公 滝沢本陣に到着

120725滝沢本陣.JPG

本陣に到着した容保公の耳に飛び込んできた急報は‥

十六橋が西軍の手に落ち、既に強清水(こわしみず)近く

戸ノ口原まで進撃しているとの報でした

(戸の口原:猪苗代と若松との間にある。広大な平原) 

120719戸ノ口原古戦場跡眺望.JPG国境の守備に兵力の多くを費やしている会津の現状‥

兵が足りない‥

容保公は 十五~十七才の少年部隊

『白虎隊 士中二番隊』に 戸の口原出撃の命を下しました

『こんな子供まで戦に出さねばならないのか‥』

白虎隊の出撃を決断した容保公の心中は

さぞ辛く苦しかったと思います‥

かくて、白虎隊士は 滝沢本陣から戦地

戸の口原に向かって出発しました

以上 144年前の今日の主要な動きでした 

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク