『白虎隊殉難図』白虎隊の自刃を描いた絵 展示中

とても貴重な白虎隊の絵画が発見されました。

県立博物館にも展示させる予定にもなっているくらい価値が高いものです。その絵画が、複製で『鶴ヶ城会館』で展示となりました☆資料としても価値が高い物ですので、見る価値ありです。

☆新聞より

 戊辰戦争の会津藩白虎隊自刃を描いた絵が会津若松市の旧家にあることが確認されました。
元会津藩士の『渡辺東郊』が書き、会津藩出身の海軍大将出羽重遠が書を記すなど会津人による合作。「ゆかりの人が描いた絵はそう多くはない。名のある会津関係者の合作である点も大きな特徴」』と話題をよんでいる。
原画は県立博物館で展示を計画中です。

2010032314530000.jpg

大変大きな物ですので、見ごたえがありますよ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆22.3.18民報掲載.pdf☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(こちらをクリックすると新聞記事が開きます。)

とても貴重な物なので、沢山のお客様に御覧頂きたいと思っております。

鶴ヶ城に関連する白虎隊殉難図を見て、肌に感じてお城を見学なさると

風場がわいてくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク