会津歴史紀行~福良御用場跡~

会津歴史紀行

本日は郡山市湖南町にある旧跡

『福良御用場跡』と『福良御本陣跡』

をご紹介します

まずは『福良御用場跡』

郡山市湖南町にあるこの旧跡

新撰組の宿舎があった場所です

120508福良御用場跡.JPG

建物は最近取り壊され

蔵がぽつりと残っています

この辺りで 土方歳三の最後の手紙と

思われる書状が発見されたということです

続いては『福良御本陣跡』

120508福良御本陣跡.JPG

碑は 御用場跡から程近い

民家の裏にひっそりと立っています

もし ここに行こうとする方がいましたら

なかなか発見しにくい場所ですから

根気よく探してくださいね

ここでは 宇都宮の戦いで

負傷し 療養中の土方と

隣りの宿舎にいた白虎隊士の

暖かい交流が書き残されています

凄惨な戊辰戦争の戦火が

会津に襲い掛かる ほんの手前の

安らぎだったのでしょうか

湖南側から見える猪苗代湖

120508湖南猪苗代湖.JPG

この日は もやっていて

湖の先の磐梯山はぼやっとしか見えませんが

幕末 土方も ここから猪苗代湖

そして磐梯山を望んだのでしょうか

そう考えながら眺める湖は

時間の経過を引き戻してくれそうに

感じました

隣に土方がいるような

そんな感覚の湖南・福良でした

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク