皆鶴姫伝説

【皆鶴姫】(みなづるひめ)

この女性の名をご存知でしょうか

それでは、【源義経】(みなもとのよしつね)

この名はご存知ですよね

幼少名 牛若丸

弁慶と共に名を馳せた

源平時代の伝説の武人です

皆鶴姫は彼を愛し

悲しい最期を

ここ会津で遂げた女性です

130810皆鶴姫遠景.jpg

吉岡鬼一法眼という人が

所有する兵法書をどうしても

入手したかった義経

130810皆鶴姫中景.jpg

それが叶わなかったため

鬼一法眼の養女 皆鶴姫と親しくなり

彼女を通して密かに秘伝の書を

書き写しました

その時 帽子丸という子が生まれたと

言われています

130810皆鶴姫近中景.jpg

その後義経は

平家の動きを察知して奥州平泉に

去っていき、それを嘆いた皆鶴姫は

帽子丸を連れ腰元、従僕と共に

義経の後を追い奥州に向かいました

そしてその途中 ここ会津で亡くなりました

130810皆鶴姫墓.jpg

この碑群がある場所は

会津若松市河東町藤倉

途中、帽子丸が敵方に捕らえられ

沼に投げ入れられて溺死

皆鶴姫も、ここ藤倉までたどり着きましたが

我が身を嘆いて

沼に身を投じました

18歳の短い人生でした

実はこの時義経は

偶然近くの町にいたそうです

皆鶴姫の話しを聞き

いてもたってもいられなくなり

ここ藤倉に駆けつけて

彼女の菩提を弔ったそうです

130810はす.jpg

恋しい義経に再会できずに

悲しい最期をとげた皆鶴姫は

他の人には自分のような

悲しい気持ちを味合わせたくないと

参詣する人々に

良縁を授けると言われています

8月24日(土)会津若松市河東町で

皆鶴姫まつりが開催されます

まつりの詳細はこちらです

http://www.aizukanko.com/event/173/

つるかんHPへゴーやえちゃん2.jpg

スポンサーリンク
スポンサーリンク