野口英世博士

140719千円札.jpg

いきなり登場の千円札!

知らず知らずのうちに

日本全国の方が

毎日のようにこの方のお顔を

眺めているのです

野口英世博士

戊辰戦争終了の8年後に

耶麻郡翁島村(現 猪苗代町)

に生まれた野口博士

彼の偉業は伝記などで

皆さんご承知の事と思います

猪苗代町には彼の生家が保存されています

140719英世生家.jpg

建てられてから二百年近くたった今も

当時の姿が保たれています

140719英世床の間.jpg

博士が火傷した囲炉裏や

上京の際に決意を刻んだ柱が

今も残されているのです

140719志を.jpg

志を得ざれば 再び 此地を踏まず

博士の決意の強さが浮かばれます

生家の隣りには野口英世記念館が

建てられています

140719英世シカ写真.jpg

野口博士と母シカさんの

等身大写真

思っていたより背の小さい

野口博士でした

140719英世ロボット2.jpg

野口博士のロボット

とても精巧です!

目の黒目まで動き

まるで本物の野口博士が

話しているようでした

140719英世ロボット1.jpg

そしてこの記念館には

あの貴重な資料が展示されています

140719シカ手紙.jpg

母シカさんが博士に宛てた手紙

きてくたされ きてくたされ

有名な母から子への手紙です

厳しい明治の代を耐えていた

会津人にとって

野口博士の世界的な活躍は

我がことのように嬉しかったと思います

猪苗代町 ガラス館向かいの

野口英世記念館と博士の生家

一度は見ていただきたい場所のひとつです

TOPへ.JPG

スポンサーリンク
スポンサーリンク